看護師転職保健師

看護師から保健師へ

 

はじめまして。看護師として10年病院勤務を経験し、保健師に転職したはる子と申します。

 

看護師から保健師への転職を考えている方。興味がある方に少しでも私の経験が役に立てばよいなと思い、私の知識、経験談を書かせてもらいます。

 

看護師から保健師への転職はどうなのか?総合的に振り返ってみたいと思います。

 

保健師への転職理由

 

私は4年制の看護学校を卒業し、総合病院で10年看護師として勤務しました。看護師時代は主に、病棟看護師として勤務していました。もちろん24時間体制の職場ですので、3交代で勤務についていました。

 

私が転職を考え始めたきっかけは子供です。

 

就職してから10年で結婚して、子供にも恵まれました。

 

しかし、病棟看護師は不規則な勤務を前提とした職場ですので、以前と同じように働くことが困難だと感じるようになりました。体力的な面、子供の育てること、私生活のことまで総合的に考えました。

 

特に子供が小学校に入るタイミングで、もっと一緒にいてあげたいと強く感じるようになりました。

 

他の勤務への異動、他病院・クリニックへの転職も考えました。
看護師の仕事は好きでしたので、看護師として続けるつもりで当初は転職を考えていました。

 

なぜ保健師の選択肢が生まれたかというと、一番大きかったの勤務が格段に自由になるという点です。 

 

保健師として働いている友人に転職のことを相談することがあり、少し話を聞いてもらいったときに、「保健師がいいんじゃないの?」と勧められました。

 

初めはもちろん、保健師?看護師から保健師になるのは大変じゃない?それに看護師の仕事は嫌いじゃないし。。。といった感じでした。

 

友人曰く、「保健師も種類があって、患者さんとコミュニケーションをとれる保健師の仕事もあるよ!」とのことだったので、いろいろ調べることにしました。

 

保健師の仕事は?

 

保健師の仕事を調べてみてわかったこととして、種類が大きく4つあるということでした。

 

行政保健師・・・地方の公務員として、保健所や保健センターに勤める
病院保健師・・・訪問看護や、精神科で健康指導を行う
産業保健師・・・企業に勤め、働く社員のメンタルヘルスについて指導する
学校保健師・・・学校に勤務して、先生、生徒への病気予防などのアドバイスを行う。

 

それぞれ特徴があったのですが、私が行政保健師の仕事に興味を惹かれました。

 

行政保健師は公務員として勤めることになり、地方の公務員試験にも合格する必要があるとのことでした。

 

そのためには、最低でも1年は勉強しなくてはならなく迷いました。

 

一から勉強して試験を受けるのか、ほかの病院・クリニックで看護師として働くのか。

 

私はどうして転職を考えているのか?どうして転職したいのか?という部分を考えたときに、今後の働くビジョンを考えて保健師のなることを決めました。

 

行政保健師の勤務は土日祝は休みで夜勤もないことが多いです。また、地域の身近な人たちをサポートする役割を担います。公務員ですので、安定して働くこともできます。行政保健師のあり方に自分としての将来性を感じました。

 

看護師から保健師になる為には?

 

保健師として働くと決めてからまず、何をすればいいのか調べました。

 

保健師になるには、国家資格である、保健師資格が必要です。また、看護師資格も必要です。この二つが保健師として働くために必ず必要になってきます。(一部の産業保健師は看護師資格を取得していなくても就業できるそうです。)

 

私は、看護学校卒業時に保健師の資格を同時に取得していたので、保健師の資格取得のために新たに学校に通う必要はありませんでした。

 

保健師の資格を取得していない看護師の方で、病棟勤務などの勤務体系ですと保健師への転職は難しいと思います。1年間の保健師養成学校での就学が最も困難なのが理由です。

 

行政保健師として働くために地方公務員の試験を受けることが私にとって最大のハードルでした。

 

行政保健師になるために地方公務員試験の受験

 

私が住んでいるのは中国地方になります。

 

自治体によって、公務員試験の内容は異なってきます。私の自治体では一次試験(看護・保険分野の教養試験、専門試験)と二次試験(論文、面接試験)がありました。この試験内容が公務員試験の内容としては一般的みたいです。

 

この試験内容と違ったところもあるらしく、教養試験、面接試験、適正試験という形のところもあるみたいです。自分が受験する自治体の試験内容を確認することが必ず必要になります。

 

筆記試験は専門分野と、教養試験があったので、専門分野はこちらの参考書を買いました。

 

hoke
アマゾンで購入できます。(こちらは最新版です)

 

専門分野で出題される問題として、公衆衛生看護学、疫学、保健統計学、保健医療福祉行政論など保健師の資格試験で出題される中身と同じ傾向にあるみたいです。当時の内容を思い出しながら勉強しましたけど、やはり忘れている部分も多かったです。

 

筆記試験で重要なのは教養試験ときいたので、こちらに時間をかけました。

 

教養試験として出る科目も自治体によって様々ということでした。

 

主な科目として
一般知能分野
・文章理解(現代文・古文・英文)
・判断推理
・数的推理
・資料解釈
一般知識分野
・社会科学(政治、経済、社会、法律)
・人文科学(日本史、世界史、地理、理想、文学、芸術)
・自然科学(数学、物理、化学、生物、地学)

 

が出題される傾向にあるみたいです。
普段から接することのない分野ですので、勉強に非常に苦労しました。

 

ニュースはもちろん、新聞にネットととにかく情報を集めました。空いている時間はなにかしら勉強していたと思います。

 

また、過去問を解くことが一番大切だとありましたので、私もそうしました。自治体のHPに過去問がありましたので、そこからいただいて、参考書を読んでは過去問を解く、という学生みたいなことをやっていました。

 

公務員試験は過去の問題を少し変えるだけで問われている中身は一緒というのが多いらしいです。なので、過去問だけは必ず勉強しておいた方が良いと思います。

 

実際私が受けた時も、過去問と8割方一緒でした。なので、過去問の勉強は外せないと思います。

 

どれくらいの勉強期間だったかというと三か月くらいは過去問をといていたかと思います。

 

また、保健師になると決めてから情報集めのために参考にしたサイトがこちらです。

 

保健師の公務員を目指す上で知っておきたい基本情報

 

面接試験

 

一時試験をパスできたとして、あと残るは面接試験です。面接試験の練習は一次試験が合格してからはじめました。大体3週間くらいの間があると思います。

 

そこから面接対策を行いました。面接で重要になる、「その自治体の公務員として何がしたいのか?」をとにかく丁寧にまとめました。

 

主な内容として、保健師の仕事は、家庭訪問などで地域の生活の場に入り、地域の健康課題を把握し、その情報をもとに行政の施策を通じて、健康課題に取り組んでいくこと。これを看護士の経験を活かし、いかに私が地域へ貢献できるかという内容でのぞみました。

 

公務員試験結果は

 

無事自治体の公務員試験に合格し市町村保健師になることができました。一年で合格することができて本当に安心しました。一年でなれるとは思ってなかったです。

 

途中で何度も挫折しそうになったんですけど、家族に支えられながらなんとか乗り切ることができました。

 

市町村保健師として新たにスタート

 

保健センターに配属され市町村保健師として新たにスタートを切りました。

 

看護師から市町村保健師に転職したのですが、仕事はどうなのか?というところですね。守秘義務の関係上特定されることや、かけないことが多いですが、

 

気になる方も多いと思いますので、少しだけ書いていきたいと思います。

 

市町村保健師としての仕事

 

自治体によりますが、配属先は健康関連の課になると思います。

 

・母子の仕事は乳幼児健診に関連する「母子」
・生活習慣病対策が中心となる「成人」
・介護問題も視野に入れた「高齢者」
・うつ病などの精神疾患を担当する「精神」

 

などに業務が分かれているところが多いと思います。これは業務分担制と呼ばれています。

 

キャリアの浅い方ですと、母子の仕事は乳幼児健診に関連する「母子」で経験を積んでいくケースが多いと思います。

 

私も最初は「母子」を担当しました。

 

この母親へのアドバイスや食育、家庭訪問だったリが仕事になるんですけど、結構大変です。時々きついことも言われることもあります。それでも高齢者担当よりは軽いですが。

 

意外に多いのが事務仕事です。これは保健師になるまで考えていなかったのですが、デスクにすわりパソコンとにらっめの日があるんで第一線でバリバリ働くことだけを想像しているとギャップに驚くと思います。事務仕事も必要なんですけど、思ってたより多かったという感じです。書類やパソコンとにらめっこの毎日が続くことも珍しくありません。看護師から転職してきた人だと退屈に感じることもあるかもしれません。

 

また、業務分担制以外に「市町村内の地区を一つ管理する分担」方法もあり、その地区に特化して業務を遂行させる自治体もあるようです。これは地区分担制と呼ばれています。

 

どちらも一長一短で、課題解決へのプロセスが違うことから、どちらも取り入れている自治体もあるようです。

 

保健師の仕事に就いて感じたこと

 

保健師は看護師とは別の大変さがあります。

 

決して保健師が楽なんてことはありません。特に市町村保健師は事務仕事に現場にと忙しいです。

 

なので、看護師の仕事が楽だから保健師になりたいと考えている方がいらしたら、少し考えてみてください。

 

私も看護師経験者なので気持ちはわかりますが、保健師には保健師特有の仕事の大変さがあります。同時にやりがいもあります。

 

どのようなことをしたいのかで自分の仕事を選んでください。

 

保健師への転職は成功だったのか?

 

私の経験談をいろいろ書いてきました、まだまだ書き足りないのですが、なにぶん文章を書くのが下手で、ここまででかなり時間がかかってしましました。

 

最後に、保健師への転職は成功だったのか?

 

という疑問についてですが。。。

 

成功です!私は今の状況に非常に満足しています。

 

仕事は簡単ではないですけど、家族に、仕事に、私自身に本当に良い転職で良い経験だったと思います。

 

これからもずっと頑張り続けていきたいと思います。

 

そのほかの保健師への転職について

 

私の経験を書いてきましたが、以下には、看護師から保健師への転職について一般的な事柄をかいていきたいと思います。

 

全国の保健師の数

 

全国に5万9000人(H26看護協会)の保健師がいます。なんとその約6割が行政保健師として働いているのです。ただ、保健師の求人は看護師みたい多くありません。資格を持っていても、働き口がない状態が続いているのが現状です。

 

なのでは私はかなり幸運な部類だと思います。

 

保健師の種類

 

保健師はその職種ごとに主に4つに分けることができます。

 

行政保健師・・・地方の公務員として、保健所や保健センターに勤める。
病院保健師・・・訪問看護や、精神科で健康指導を行う。
産業保健師・・・企業に勤め、働く社員のメンタルヘルスについて指導する。
学校保健師・・・学校に勤務して、先生、生徒への病気予防などのアドバイスを行う。

 

※行政保健師は市町村保健師と都道府県保健師の2種類がある。

 

保健師資格を持っていない人が保健師資格を取るには?

 

保健師の資格取得には以下の条件が必要になります。

 

  1. 看護師資格を持っていること
  2. 保健師養成学校で1年以上学び、「保健師国家資格」の受験資格を手に入れる
  3. 「保健師国家資試験」に合格すること

 

資格取得に向けた具体的な方法

 

具体的に、「保健師指定養成学校」の認可を受けた看護大学で卒業時に「保健師と看護師の資格を同時に取得する」「看護師として働いたあとに、保健師学校に通う」

 

のどちらかを行う必要があるのですが、どちらにしても保健師資格を新たに取得しようとすると、経済的にも、時間的にも障壁が非常に高いことが伺えます。

 

個人的には、保健師の仕事を選ぶよりかは、ほかの職種もしくは、一般診療所などに転職する方が無難といえます。

 

ただ、保健師の合格率は80%以上と高い水準ですので、受験さえできれば合格ヘはあと少しとなります。試験自体ふるいにかけるという性質よりも、あっていない人を落とすといった感じみたいです。

 

保健師のメリットは?

 

保健師の大きなメリットととして土日祝日が休みで定時退社ができる割合が多いです。看護師と比較してプライベートに仕事が食い込むことが少なく。安定しています。このことから精神的にも落ち着いて仕事ができるといえます。

 

保健師としての働き口を探す方法は?

 

保健師の資格を持っている方、新たに資格を取得された方で転職を希望している方は、どうやって実際に転職すればいいのかというと、転職・求人サイトを利用すれ転職できます。

 

ただ、保健師への転職は人気であり、求人数もそこまで多くないので、現状としてはかなりの狭き門であることは間違いありません。

 

なので、保健師の求人があれば見逃す手はないと思います。

 

保健師の求人を取りか使っているサイト!

 

以下のサイトは全国のどこの地域でも利用することができます。

 

  • 利用できる地域

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/東京/神奈川/千葉/埼玉/茨城/栃木/群馬/山梨/長野/新潟/富山/石川/福井/愛知/静岡/岐阜/三重/大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良/和歌山/岡山/広島/鳥取/島根/山口/香川/徳島/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/大分/熊本/宮崎/鹿児島/沖縄

 

 

 

ナースパワー人材センター



 

ナースパワー人材センター公式サイトはこちら

 

 

更新履歴